MENU

乳酸菌を学ぼう。腸と健康は繋がっている

腸の役割とは

大腸のメインとなる働きは食べ物のカスから水分をさらに吸い出し、腸内細菌の働きで便を作る事です。
これしか働きがないと思われることも多いのですが実はこの他にもとても大事な役割を担っているのです。

 

(1)異物から体を守るための免疫機能に役立つ
(2)ビタミンや脂肪酸などを吸収して飢餓時の栄養とする
(3)腸神経系という独自のシステムで第二の脳の働きをする

 

特に近年注目されているのが(3)です。
脳の中枢神経系と腸神経系は互いに影響を与え合いながら働いていることが明らかになっています。

 

驚くことに、脳からの指示なしで腸神経系が独自に動くこともあり、脳とは別系統で腸が自律神経を持っていることが証明されています。
脳が第二の脳と呼ばれることもありますが、こうしたことからなのです。

 

免疫機能と腸の関連

腸は免疫機能でも大事な役割を担います。なんと人間の免疫細胞の60〜70%は腸に集中しています。
人体の免疫機能を語る上でもっとも大事なパイエル板は小腸を覆う粘膜にあります。パイエル板には免疫機能を司るリンパ球が組織化されて集合しています。

 

腸の免疫機能を腸管免疫といい、腸の状態が人体の免疫系統に影響を与えるのです。
腸内環境が乱れていると免疫力が低下し、風邪やインフルエンザ、癌など様々な病気にかかりやすくなります。
また免疫バランスが崩れて免疫機能が正常に働かなくなるとアトピー性皮膚炎や乾癬、花粉症などアレルギー症状を引き起こすことも明らかになっています。

 

例えば、癌細胞は健康な人でも毎日5000個ほど作られていますが腸が健康に働くことにより免疫力が高まり、ガン細胞の増殖を抑えています。
体の健康を保つためには腸の健康がとても大切なのです。

 

排便で分かる腸内環境

腸の健康を私たちが確かめるために一番手軽なのが排便のチェックです。腸の中を見ることはできませんが、便の状態をみれば自分の腸内がどういった状況なのかを判断できます。

 

健康な時の排便は1日1〜2回、適度な水分を含んだバナナのような黄褐色の便です。さぼど気張らなくてもスルッと出る便が良い便です。
便秘や下痢をしているときは、腸内環境が乱れています。色が黒っぽいとき、硬すぎるときにも要注意です。

 

便が上手に排泄されずに溜まると宿便と呼ばれるものになり腸内で腐敗して毒性のあるガスや活性酸素(体を酸化させる有害物質)の発生原因になったりします。
また代謝も低下するため肥満や肌荒れの原因にもなります。

 

腸内細菌の数や種類は一生の中で推移する

腸内細菌は一生の中でその種類や数が推移していきます。
母親の胎内にいる間は無菌状態ですが、生まれて授乳が始まるとすぐに腸内細菌は増加し始めます。その頃の腸内細菌は95%がビフィズス菌が占めます。

 

離乳食を開始してから青年になるまでにはビフィズス菌の数は少し減り、逆に日和見菌(善玉菌と悪玉菌の中間の腸内細菌)が増えてきます。悪玉菌はそれほど多くなく少ない数で推移していきます。

 

逆に老年期になるとビフィズス菌は一気に減少してしまい、悪玉菌や日和見菌が大半を占めるようになります。

 

重要なのは食生活の改善

加齢とともに善玉菌が減って、悪玉菌や日和見菌が増えることは避けることが難しく老化現象とも言えます。

 

しかし、最近では若年層の腸内環境が悪化するケースが増えています。これは食生活が偏ったり運動不足やストレスによるものと考えられています。高脂肪な食べ物が多く、食物繊維が少ない、不規則な生活をしていては腸の運動は悪化します。その結果、腸内細菌のバランスも崩れてしまいます。

 

それを予防するためには、食物繊維をたくさん食べることが重要となります。肉を食べてはいけないわけではなく、食べすぎが悪影響を与えます。バランスの良い食事が腸内環境の改善に繋がります。

 

食べないダイエットには要注意

カロリー摂取量を減らしてダイエットする人が増えています。しかし、カロリーを制限すると腸内環境を悪化させてしまう可能性があります。

 

カロリーを抑えるということは、食べる量を減らすことになるので、減らす食べ物を間違えてしまうと食物繊維の摂取量も減ってしまい便秘になりやすくなります。
しかも、摂取する栄養分は全体的に減ってしまいますから腸内細菌が激減してしまいます。腸内細菌が減るということは、善玉菌も悪玉菌も減ってしまい腸内フローラが崩壊する原因となります。

 

一時的に食べる量を減らすダイエットは不健康な体を作っているようなものです。継続的にバランスのとれた食事と食事に見合った運動をすることが重要です。

 

 

乳酸菌・ビフィズス菌の種類別 効果一覧表記事一覧

種類エンテロコッカス属 フェカリス種特に期待できる効果便秘の予防及び改善免疫力の強化・維持風邪、イン...

種類エンテロコッカス属 フェカリス種特に期待できる効果免疫力の強化・維持免疫力アップに効果を発揮EF...

種類エンテロコッカス属 フェシウム種特に期待できる効果便秘の予防及び改善整腸作用が高いJEF01株は...

種類ストレプトコッカス属 サーモフィラス種特に期待できる効果便秘の予防及び改善肌トラブルの改善他の菌...

種類テトラジェノコッカス属 ハロフィラス種特に期待できる効果免疫力のアップアレルギー症状の改善もろみ...

種類ビフィドバクテリウム属 ラクティス種特に期待できる効果免疫力のアップビフィズス菌の弱点を克服ビフ...

種類ビフィドバクテリウム属 ロンガム種特に期待できる効果便秘の予防と改善免疫力のアップ花粉症の予防潰...

種類ビフィドバクテリウム属 アニマリス亜種ラクティス特に期待できる効果便秘の予防と改善腹部膨満感の改...

種類ビフィドバクテリウム属 ビフィダム種特に期待できる効果胃ガンの予防胃のむかつき・胃痛の緩和ヤクル...

種類ビフィドバクテリウム属 ラクティス種特に期待できる効果便秘・下痢の予防と改善腸内の善玉菌と悪玉菌...

種類ビフィドバクテリウム属 アニマリス亜種ラクティス特に期待できる効果便秘の予防と改善グリコ乳業が発...

種類ビフィドバクテリウム属 ラクティス種特に期待できる効果便秘の予防と改善免疫力のアップ腸内フローラ...