MENU

BF1株の特徴

種類

ビフィドバクテリウム属 ビフィダム種

 

特に期待できる効果

胃ガンの予防
胃のむかつき・胃痛の緩和

 

ヤクルトが開発したビフィズス菌

BF1株はヤクルトによって生存率を高めるために強い菌をベースにして開発されました。

 

胃の健康維持に役立つ菌でヤクルトの持つ生きて腸に届くビフィズス菌の中でも、更に強化培養されて生まれたのがBF1株となります。ヤクルト株は医療にも用いられているビフィズス菌ですから、その効果にはお墨付きがあると言っても過言ではありません。

 

胃の粘膜を増やして胃を保護する

胃は様々な刺激に敏感に反応する臓器で、ストレス性の胃潰瘍などを発症することがあります。

 

BF1株は胃の粘膜にあるムチンという粘性物質に吸着し守る作用があります。それだけではなくムチンの産出を促す作用もあります。BF1株を摂取することで胃のむかつきや胃痛などを緩和できるでしょう。

 

ピロリ菌の活動を抑制し、ストレスから胃を守る

BF1株には胃を保護する作用がありますが、実験により以下の効果も認められています。

 

・ピロリ菌の活動抑制効果
・胃粘膜の炎症抑制効果
・胃の不定愁訴の改善

 

この中で最も重要なのはピロリ菌の活動抑制効果です。ピロリ菌は胃の炎症を進め、胃ガンになる可能性のあるバクテリアですからその活動を抑制することは胃ガンリスクを低減させることになります。

 

さらに、胃はストレスを受けやすい器官ですが、BF1株による胃の保護によってストレス性の刺激からも胃を守ることになります。