MENU

GCL2505株の特徴

種類

ビフィドバクテリウム属 アニマリス亜種ラクティス

 

特に期待できる効果

便秘の予防と改善

 

グリコ乳業が発見した体内で増殖するビフィズス菌

GCL2505株は健康な大人のお腹の中から見つかった自然のビフィズス菌です。このビフィズス菌はグリコ乳業によって発見され、ヨーグルトなどの製品に使われるようになりました。
元々、人体で生息していたことから生きたまま腸に届きやすいビフィズス菌です。
GCL2505株を体内に保持していない人でも、GCL2505株を含むヨーグルトを摂取すれば排便中にGCL2505株が含まれるようになります。
このとき、便中のGCL2505株の数が摂取したときのそれよりも多かったため、体内で増殖することがわかりました。

 

一般的に口から摂った乳酸菌、ビフィズス菌が体内に定着することは難しく、しばらくするとほぼ全数が死滅してしまいます。よって、効果を持続させるためには摂取し続ける必要があります。
GCL2505株の場合、一週間ほどで体内から消えてしまうのですが乳酸菌・ビフィズス菌としてはこれでも長生きの部類に入ります。

 

毎日ヨーグルトを食べるのって結構大変ですよね

ヨーグルトとして食べるとなれば毎日は難しいという人もいるでしょう。そういう人にGCL2505株は最適かもしれません。

 

何故かというと、GCL2505株は摂取しなければその数を減らしてしまいますが、
完全にゼロになるまでは一週間ほどかかるため、2〜3日起きに摂取すればゼロになることはなくその効果を享受することが出来るからです。