MENU

Bb12株の特徴

種類

ビフィドバクテリウム属 ラクティス種

 

特に期待できる効果

免疫力のアップ

 

ビフィズス菌の弱点を克服

ビフィズス菌はphが4.0より低い状態になると、死んでしまう弱点があります。人の胃酸はph1.0〜2.0と言われていて、普通のビフィズス菌は摂取しても胃酸で大半が死滅してしまいます。

 

しかし、Bb12株はこの弱点を克服しph2.0でも生存できるビフィズス菌となりました。それにより生きて腸に届くビフィズス菌としての可能性を見いだされました。

 

ヨーグルトが苦手な人に最適

ヨーグルトはビフィズス菌で発酵させることが普通ですが、それによって酢酸という殺菌力を持った酸を生成します。酢酸は腸内で悪玉菌を減らす作用があるのでわずかであってもヨーグルトには必要ですが、欠点はヨーグルトの風味を損なってしまうことです。

 

しかし、Bb12株は酸に強いため酢酸が発生しても死滅することはありません。これによってヨーグルトの中に存在するビフィズス菌が減らないことになります。

 

マクロファージを活性化する

Bb12株を含んでいる発酵乳を飲むと、通常の牛乳を飲んだ時よりもマクロファージ※が活性化していることが分かりました。このことから免疫力のアップに効果があると判明したのです。

 

その証拠は酵乳の摂取を止めると、元の状態に戻ったからです。Bb12菌はビフィズス菌の中でも免疫力向上に直接効果のある乳酸菌となります。

 

 

※マクロファージとは
ヒトの体内に存在する食いしん坊なアメーバ状の細胞
体内に侵入した細菌を捕らえて食べる
細菌の免疫情報をリンパ球に伝える