MENU

BB536株の特徴

種類

ビフィドバクテリウム属 ロンガム種

 

特に期待できる効果

便秘の予防と改善
免疫力のアップ
花粉症の予防
潰瘍性大腸炎の改善

 

最初にヨーグルトになったビフィズス菌

BB536株は1971年に世界で最初にヨーグルトに利用された乳酸菌です。従来のビフィズス菌は酸や熱に弱かったために食品には適しませんでした、しかしBB536株は食品化しても有効であることが分かったのです。

 

生きた菌で体の内側から健康に

BB536株は胃酸に強く生きたままで腸に届きます。生きたままで腸に届くと酢酸※が生産されるので、整腸作用に効果を発揮し免疫力がアップします。

 

体の内側から健康になるためにBB536株は最適と言えます。

 

※酢酸の働き
有害な細菌が腸内に侵入するのを防止する

 

指定難病の潰瘍性大腸炎にも効果あり

潰瘍性大腸炎は治療法が確立できておらず難病指定されていますがBB536株は潰瘍性大腸炎に一定の効果があることが分かってます。

 

BB536株を摂取し続けることで薬のような即効性ではなく長い時間をかけて効果が見られます。

 

花粉症を緩和する

BB536株はアレルギー症状の緩和にも効果があることが分かっていて花粉症の症状を緩和します。

 

免疫細胞の過剰反応を抑える作用があり、アレルギー症状を緩和します。花粉症を緩和するためには、花粉が飛散しはじめる一か月以上前からBB536株を含んだヨーグルトを摂取する必要があります。

 

すぐには効果が表れないので、長い時間をかけて持続させることが大事です。