MENU

乳酸菌EC12株の特徴

種類

エンテロコッカス属 フェカリス種

 

特に期待できる効果

便秘の予防及び改善
免疫力の強化・維持
風邪、インフルエンザの予防

 

殺菌菌体で免疫強化する

EC-12株は球状になっていて、一つ一つは非常に小さな乳酸菌で殺菌された状態で摂取することになります。生きたままではありませんが、安定した乳酸菌で小腸を刺激することで腸内の善玉菌の数が増える手助けをします。インフルエンザをはじめとした感染症に対して効果を発揮するための免疫力が高まります。

 

乳酸菌は生きて腸に届かなければならないというのは間違いで、生きていなくても腸管免疫を刺激します。また、腸内環境を改善するだけでなく、免疫力がアップするのがEC-12株の特徴です。便秘で悩んでいる人や、免疫が落ちている人には最適な乳酸菌でしょう。

 

少量の摂取で効果を発揮する

EC-12株は何と1グラムあたり5兆個もの菌が含まれていて、少量を摂取するだけでも大量の乳酸菌を体内に取り込むことになります。少しの摂取でいいというのは毎日継続して飲み続けることで効果を発揮する乳酸菌にとっては最高の条件となります。

 

また、EC-12株は非常に安定した乳酸菌のためサプリメントのような、顆粒状でも市販されています。ヨーグルトなどの食品を購入し毎日食べるのが継続できない、といった方にはおススメの乳酸菌です。サプリメントであれば持ち運びも簡単ですので、便利に使用できます。