MENU

乳酸菌EF2001株の特徴

種類

エンテロコッカス属 フェカリス種

 

特に期待できる効果

免疫力の強化・維持

 

免疫力アップに効果を発揮

EF2001株は多くの乳酸菌の中でもトップクラスに免疫力をアップさせる力があるとして報告されている乳酸菌です。

 

マクロファージと呼ばれる白血球が産出する「TNF-α」という物質を活性化するのですが、その数値が最も高い結果を示しています。

 

この物質の活性化をすることが免疫力アップにつながるので実質乳酸菌の中でトップクラスといえるわけです。

 

白血球のエネルギー源となる

EF2001株が属しているエンテロコッカス属の大半は白血球の栄養源と言われています。それらをBRM食品と呼んでいて、大根やキャベツに豊富に含まれていて免疫強化物質と言われています。

 

野菜に多く含まれているこの物質ですが、乳酸菌に含まれていることが最近になってわかりました。このBRMは加熱しても壊れにくい性質があるので、EF-2001株を加熱して保存性や安定性を高めますから好都合と言えます。

 

EF2001株は1グラムあたり7.5兆個という数が含まれているため効率よくBRMを摂取できます。キャベツや大根を毎日のように大量に食べるのは難しいでしょうがEF2001株であればサプリメントで摂取することができるのでBRM摂取には最適です。健康補助食品として活用すれば、健康維持に役立つのは間違いないでしょう。