MENU

Th221株(KK221株)の特徴

種類

テトラジェノコッカス属 ハロフィラス種

 

特に期待できる効果

免疫力のアップ
アレルギー症状の改善

 

もろみから生まれた乳酸菌

Th221株(KK221株)は醤油の醸造過程で生産される「もろみ」に含まれていて発見されました。
「もろみ」を搾ることで醤油が出来ますが、Th221株(KK221株)は醤油にも含まれていて味に深みを与えたり、香りを出すなどの役割を果たしています。

 

副作用のないアレルギー改善

Th221株(KK221株)は抗アレルギー作用が高いことがわかっています。

 

Th221株(KK221株)はインターロイキン-12という物質の生産を補助する働きがあり、このことによりナチュラルキラー細胞の活性化に繋がります。臨床試験では鼻炎患者に対して8週間にわたってTh221株(KK221株)を摂取したところ、アレルギー原因となるIgE抗体の量が低下しました。

 

メカブフコイダンとの併用で効果大

メカブフコイダン(ワカメに含まれている「ぬめり成分」)と併用してのマウスを使った実験では、免疫機能がより効果的に機能するようになりました。

 

メカブフコイダンそのものにも免疫力をアップさせる作用があることが分かっていますが、Th221株(KK221株)と併用することでより効果が上がるようです。人への臨床実験ではありませんが、マウスによる実験により同時摂取することで効果大になることが示されました。