MENU

サーモフィラス菌1131株(LB81)の特徴

種類

ストレプトコッカス属 サーモフィラス種

 

特に期待できる効果

便秘の予防及び改善
肌トラブルの改善

 

他の菌と組み合わせることで効果を発揮

サーモフィラスラス菌1131株はブルガリア菌2038株と組み合わせは、ヨーグルトを作る際に明治乳業によって選ばれた乳酸菌で、この組み合わせをLB81乳酸菌と呼んでいます。また、これら2つの乳酸菌はヨーグルトの本場ブルガリアでも伝統的に使われています。

 

整腸作用が高い

LB81乳酸菌を使用したヨーグルトでの実験結果があります。その結果、腸内細菌の悪玉菌が減少し、善玉菌が増加したことが分かりました。整腸作用が高いことの裏付けとして、便の回数、色、臭いなどの項目で改善がみられたことです。

 

そして、ヨーグルトを摂取しなくなって2週間すると元の状態に戻ってしまいました。このことは継続的に乳酸菌を摂取することの重要性を示しています。

 

便秘を解消する

便秘の悩みは女性に多い傾向がありますが、排便回数が週に4回以下の人と排便回数が週に5回以上ある人でLB81乳酸菌を摂取する実験をしたところ、便秘傾向が高い人ほどLB81乳酸菌の摂取による排便回数の増加と便形状の改善がみられました。

 

毎日、ヨーグルトを100グラム摂取した人と、250グラム摂取した人では大きな差がなかったことから1日100グラムで有効な効果が出ると言えるでしょう。

 

皮膚機能の改善

便秘と肌荒れは関係があるとされていることから、LB81乳酸菌で便秘が解消することにより皮膚機能の改善が見られました。このことから、乳酸菌による整腸作用が肌の機能改善に関連があることが確認できました。