MENU

清潔=免疫バランスの悪化=アトピーの原因

アトピーになりにくい子の特徴として親の手がかかっていない子供という共通点があります。早いうちから保育園や幼稚園などに預けられている子というのは、アトピー性皮膚炎の発症が少ないことが分かっています。

 

保育園などの育児施設はそれなりに清潔にされてはいますが、大勢の子がいる環境の中では自然とウィルスや殺菌に触れる機会が多くなるのは避けられません。泥んこ遊びや、その辺を触った手をしゃぶったり、汚れたままの玩具を共有しているわけです。そうすることで、早い段階から免疫力を獲得していきます。最初のうちは風邪をひいたり、体調を壊したりすることもあるでしょうが、それが正常な免疫バランスを獲得することになるわけです。

 

逆に、家でじっくりと育てられた子というのは、免疫バランスが偏っています。これはウィルスなどに触れる機会が圧倒的に少ないので必然ともいえるでしょう。それどころか、過度に綺麗にしてしまうことで免疫力の低下だけではなく、アレルギーを発症させてしまう結果となりかねません。

 

もう一つ、アトピーになりにくい子の特徴としては、母親が働いていて家を留守にし子どもが一人で家にいる時間が長いケースです。そういった環境にある子もアレルギーになりにくいことが分かっています。

 

こうやって考察していると、清潔=免疫バランスの悪化=アトピーの原因という方程式が成り立つことが分かります。よかれと思ってやっていることが、逆に問題を発生させてしまうなど本末転倒とはまさにこのことではないでしょうか。

長男、長女はアトピーになりやすい

興味深いデータがあって、兄弟の数が多ければ多いほどアトピーを発症する子供の数は少なくなるというものです。その原因は子供が多いと一人当たりにかけられる時間は、かなり制限されていて程よくいい加減になるためだと考えられます。

 

一人っ子のように人数が少ないと、その子に相当な時間をかけることになります。身の回りは抗菌、除菌グッズで固められて汚いと思うものはすべて排除して育ってしまうのはよくある話です。そうなると免疫バランスが偏ってしまい、アトピーを発症しやすくなります。そのために、長男、長女はアトピーになりやすいと言われる原因です。

 

育児あるあるですが、一人目の子の哺乳瓶はきっちりと煮沸して、授乳するときも乳首をしっかりと消毒してからの飲ませるといったように徹底的に綺麗にする傾向にあります。
しかし二人目になると、煮沸もほどほどに、乳首の消毒などせずにそのまま飲ませるなど、清潔にしすぎない傾向があります。このような待遇の違いによって、長男長女はアトピー体質になりやすいのです。

 

このことは日本だけではなくイギリスなどの外国でも同じような調査が行われ、結果は同じ内容となりました。このことから、万国共通で綺麗な環境というのは免疫バランスを悪化させてしまい、加えてアレルギー疾患を誘発するリスクが高まることが分かります。過度に子供をウィルスや殺菌から守ることは、逆に子供を守りきれない状態に陥ってしまいます。

泥んこ遊びが正しい免疫バランスの形成に役立つ

子供たちの生活が変化していることはアトピーを増やしている原因になっています。昔は子供たちはいつの間にか外に出かけて遊んでは、泥んこになって帰ってくるのが当たり前でした。しかし、最近は子供たちの遊ぶ場所が激減したことや携帯ゲーム機などの登場もあり外で遊ばずに家の中でもくもくと一人で遊んでいる子が増えています。

 

沖縄での調査結果では、「泥んこ遊びをしている子より、家でゲームで遊んでいる子のほうがアトピーになりやすい」という結果が出ています。この結果は日本小児アレルギー学会誌でも発表されている内容です。

 

泥の中には様々な細菌がいます。その中には人体に侵入すると悪さをするものもいますが、大半はそうではなく免疫力を高めるために役立つ細菌が圧倒的に多いことが分かっています。泥んこ遊びというのは、そういった細菌に触れる機会となり、正しい免疫バランスを形成する役割を担っています。

 

よく自治会などで「砂場は犬や猫の糞があって汚く、ばい菌がいっぱい。囲いをつけて抗菌砂に変えたほうが良い」という主張があります。確かに汚いというのは間違いのないことかもしれませんが、抗菌砂に入れ替えて柵を設置するなど逆効果にしかなりません。汚ければ帰宅したあとに石鹸で洗えばいいだけの話です。それだけで悪玉菌などの侵入は防げます、ただし抗菌作用の強い石鹸ではなく普通の石鹸で軽く手洗いするだけで問題ありません。子供たちにはできる限り外で遊ぶように推奨すべきです。