MENU

乳酸菌の種類って多すぎ!

乳酸菌とは乳酸を大量に生成する菌のことで、現在400種類以上が発見されています。
乳酸菌でも種類によって効果は様々なので、その効果を理解した上で摂取する乳酸菌を選ぶ必要があります。

 

※乳酸とは?:腸内を酸性に保つ物質。腸内に住む善玉菌を活性化させたり、免疫細胞のバランスを保つ働きがある

 

よく混同しやすいのがビフィズス菌。実はビフィズス菌と乳酸菌は別物なんです。
両者の違いはエサとなる糖の種類や菌の構造がですが、腸内での作用はとても良く似ています。感覚的には善玉菌の種類に乳酸菌とビフィズス菌があるといった感じですね。

その乳酸菌はドコからやって来た?動物由来と植物由来

乳酸菌は主に発酵食品に多く含まれています。その発酵食品には動物由来と植物由来の2種類があって、動物由来にはヨーグルト、チーズ、くさや、なれずしなどがあり植物由来には漬物、みそ、しょうゆ、みりんなどがあります。

 

動物乳酸菌は動物の腸内など栄養が豊富な場所で活動していて、植物乳酸菌は植物の茎や葉などから出る分泌物を栄養源として生息しています。
一般的に、植物乳酸菌のほうが悪条件に曝されて育つことから、動物乳酸菌よりも生命力が強いことが分かっています。
そして、その両方が人間にとっては必要な乳酸菌となります。

乳酸菌をお手軽に摂取できる食品とは?

日常生活で乳酸菌を摂取する場合は、ヨーグルトかサプリメントが手軽でおススメですね。生活に無理なく取り入れやすいので長く摂取するのに向いているからです。
とりわけヨーグルトはある程度発酵が進んでいるので、タンパク質や糖質、脂質が一定割合で分解されています。そのため、腸に負担をかけることなく必要な栄養素がいきわたるのがステキです笑。

 

但し以下のような方は乳酸菌サプリメントの方が良いですね。
費用を安く済ませたい人、アトピー性皮膚炎・花粉症・乾癬など、アレルギー体質の人、ダイエットでカロリーを気にされる人。

乳酸菌の働き

私たちの腸内には無数の腸内細菌が共生しています。大体100兆個、種類は数百種類です。これらの細菌集団を「腸内細菌叢」(ちょうないさいきんそう)と呼びます。

 

そして腸内環境が整っているか乱れているかは腸内細菌の数や種類で決まります。
善玉菌は腸内環境を整える人間に有益な働きをする菌です。乳酸菌やビフィズス菌が有名で、便秘や下痢に効果があります。

 

乳酸菌の主な働きは炭水化物を発酵させることです。ビタミンB群など私たちに欠かせない物質を作り出すのも乳酸菌のおかげです。
腸内に善玉菌がたくさんあるとき、悪玉菌が減って腸内が整います。乳酸菌などの善玉菌は腸内で細菌やウイルスの増殖を防ぐ免疫力を高める役割も果たします。