腸内環境を良くするミネラルウォーター 効果別分類

MENU

ミネラルウォーターに含まれるミネラルは自然の整腸剤

毎日飲んでいる水、当たり前のように蛇口から出た水を飲んだりしていますが、その水が実は体の機能を維持する上で非常に重要な役割を果たしています。
水の中には様々な成分が含まれていて、カルシウムやマグネシウムなどがあります。
これらの成分は体に必要で、特にカルシウムは体内の栄養素を運んだり老廃物を体外に運び出す役割もあります。
カルシウムが不足すると体は骨に蓄えられているカルシウムを血液中に放出してしまいますが、この作用が進行してしまうと骨粗しょう症を発症してしまいます。
他にもカルシウムは腸の蠕動運動をコントロールしたり、アレルギーを予防する効果もあります。

 

しかし、水道水にはカルシウムなどの鉱物成分は殆ど含まれていません。
それだけではなく消毒するために塩素を大量に使っています。
塩素は体に入ると活性酸素となってしまいガンの発症リスクを高めてしまいます。
現在の水道水ではかなり改善されてきていますが、それでも鉱物成分は殆ど含まれていません。
同じことが蒸留水にも言えます。
蒸留水とは煮沸した水のことで不要な有機物や無機物がない状態の、純粋な水のことです。
純粋な水といえば、体に良いイメージがあるかもしれませんが、実際には逆で蒸留水を摂取すると体に元からある成分を溶かして奪い取ってしまう性質があります。

 

このように身の回りにはたくさんの水がありますが、日本人はあまり水に対する執着がないのであまり意識して飲んだりしていません。
大切な、人工的な水ではなくより自然に近い水を飲むようにすることです。
手軽に手に入る自然水といえば、ミネラルウォーターが体には良いと言えます。

どのミネラルウォーターがよいか?効果別に分類

ミネラルウォーターが体に良い効果をもたらすことは科学的に説明がつきます。
しかし、ミネラルウォーターにも様々な種類があってどれを選んでいいか迷うこともあるでしょう。
そこで用途別に適したミネラルウォーターの種類を紹介したいと思います。
ただし、あくまでも効果的とされる成分を含んでいるということで、実際の効果を保障するものではありません。

 

・コレステロール値の改善に効果的
エビアン(フランス)、ヴィッテル(フランス)、サンベネデット(イタリア)などの硬水と言われる種類です。
カルシウムが補えます。

 

・生活習慣病に効果的
仙人秘水(岩手県)、アルカリイオン水、水素水などで、体内に蓄積されている活性酸素を除去する働きがあります。

 

・肩こり、むくみ、疲労回復
ペリエ(フランス)、サンペレグリノ(イタリア)などの淡彩水です。
炭酸ガスには重炭酸イオンが含まれていて、疲労物質として筋肉や血液中に蓄積される乳酸を中和する働きを持っています。
また、血行改善効果もあります。

 

・便秘解消、ダイエット効果
コントレックス(フランス)、ゲロルシュタイナー(ドイツ)、超硬水マグナ1800(大分県)などの、マグネシウムが含まれている超硬水で、胃腸に働きかけて整腸作用があります。

 

・糖尿病の改善効果
ぞっこん水(愛媛県)、命の水(三重県)などで、ケイ素やカルシウムを含んでいます。
中硬水で代謝の改善、内臓組織などの機能回復が見込まれます。

 

このようにミネラルウォーターには種類によっては様々な効果があります。
人によって、またその日の体調によって感じ方や合う合わないがありますので、いろんな水を試しながら自分に最適な水を見つけてください。